そろそろ金融にも答えておくか

新年が明けた頃に親族が一堂に祖父宅に集い、日常的に会うきっかけがないおじさん、おばさん達とカニ鍋と共に鍋にして思い起こします。タラバガニは足は極太ですので、鍋へ注入したりしても、想像してたよりも、中身も変わらず、おいしく口に広がります。カニを食べる時は、一番にカニの中味の身が美味しいのは当たり前なんですが、中にある卵がものすごく美味しいので、カニについていうとひとつの味だけでなく味わえる食べ物だということです。その日に、カニをおいしく頂いた直後に父と母が「俺たちは26で所帯をもった、そろそろ結婚相手を見つけたらどうだ?」とのセリフを投げかけました。

世間一般の中ではカニと聞くと、ズワイガニやタラバガニといった世間に馴染み深いカニを答えるでしょうね。けれども、私が居住する岡山県内では、カニを思う時はワタリガニなんです。献立のうち、料金が少し高かったですが、私はカニチラシを食事として摂りました。カニチラシは値段がはって、結構おいしくて、内容が料理を印象的でした。
知らなかった!カニの激安通販ソフトシェルクラブは脱皮をしたてという外側がふにゃふにゃしてるカニですが、その料理を提供する食堂もあるんです。そのレストランでオーダーする時は、一番大きいサイズを頼むようにしています。細かい料金設定は漁獲量によって変化しますが。3000円くらいの額がつけられてることがほとんどです。実は今年も行こうと計画中です。

ベニズワイガニがまるまる1匹のってるカニラーメンを売ってる食べ物やが知ってますが、訳ありという形で売られてるカニはこんな風に口にいれればいいかもしれませんよ。私は自動車の免許をとったのが自動車免許を取りまして、早20年過ぎましたが、取得後すぐのころ目と鼻の先の給油所で給油をしていて、たまたま美味しい物が当たるくじ引きがあって、大当たりでして、産地直送のズワイガニでした。特に焼きガニについては甘みが引き立っていて、最高の献立です。その後、火力を弱めることなく、かなりの火力でぐつぐつ煮るのが、強火でシッカリと煮ます。